外壁塗装を利用するべし|定期的に依頼するべき理由

塗り替えでリニューアル

数種から選べる塗料

作業員

各地で行われている外壁塗装では、予算に合わせて塗料の種類が選択されています。外壁塗装で利用出来る塗料には数種類の選択肢があり、耐用年数や仕上がり具合を考慮して多くの方は選択を行います。安価な塗料が5年前後で塗り替えが必要なのに対し、高価格の塗料は20年前後、状態が長持ちします。従って、施工時の価格が多少高くても、長期的な視点で見ると高価格帯の方が安上がりとも考えられます。仙台で行われている外壁塗装でも、アクリルやシリコンなどの塗料を選ぶことが出来ます。アクリルやシリコンは、外壁塗装の塗料の中では非常に安価なタイプに入ります。こまめな塗り替えが必要になりますが、30坪程度の住宅なら約20万円から30万円で塗り替えが出来るため、手軽な外壁塗装として仙台エリアの住宅でも利用されます。これに対し、少し高価格となるのがフッ素系の塗料です。こちらの塗料を同じ住宅に使用すると、約70万円前後かかります。現実に行われる外壁塗装では、足場の設置を始め下地塗りなどの作業が必要です。ですので、実際に請求される金額はこういった塗装の費用よりも上がります。約80万円から100万円が、仙台の外壁塗装の費用として多い金額です。多少の地域差は見られますが、仙台でもほぼ全国と同じレベルの費用で外壁塗装が進められます。使用する塗料のグレードが上がるにつれて、総費用もアップします。一時的な持ち出しを少なくするか、長期的なメリットを重視するかは単に利用者の判断です。

見た目以上に重要なケア

エクステリア

仙台エリアの方で、一戸建てを初めて購入した方など、外壁塗装を知らないという方も少なからずいるのは間違いありません。この外壁塗装は、どこの家でも必要なリフォームであり、家を長年持たせるための必要な塗装となっています。そのため、外壁塗装を知らないという仙台の方には、ある程度の基礎知識を持っておくことで、外壁塗装のリフォーム時期がきたときに悩まずに済むので、最低限は知っておきましょう。仙台において、外壁を塗り替える理由については、景観を保つだけでなく紫外線や雨、風、雪など自然環境から家を守るためにあります。外壁は塗料が塗られていることで、この自然環境から守られていますが、塗料が経年劣化などで塗膜が剥がれるとサビやひび割れが発生し、雨漏りを引き起こし様々な傷みを引き起こすのです。これを防ぐために約10年前後の一定期間で外壁塗装を行う必要があり、使われる塗料や環境状態によって耐久年数が変わってきます。次に、外壁塗装を仙台で行う場合の費用面ですが、業者に依頼した場合の平均相場は30坪で70万円から100万円くらいで、開きがあるのは業者によって違いがあるためです。そのため1社だけに決めず、複数の業者で見積り依頼をするのが望ましく、費用面や使用する塗料の種類、工事日数、アフターフォローなど考慮して業者を決めるのがおすすめです。外壁塗装が決まった際の工事日程については、仙台では平均8日間から12日間ほどかかります。工事の挨拶から足場工事、外壁洗浄、下地調整、塗装まですべて業者が行ってくれるので、依頼者は何もしなくて良いです。ただ、近隣への挨拶は前もって自分から挨拶しておくことで、トラブルを最小限に抑えることもできます。このような外壁塗装についての基礎知識があるので、できるだけ覚えておくことが大切です。

下地処理と3回塗りが重要

ペンキ

東北地方の太平洋側に位置する仙台市は奥羽山脈によって北西の季節風が遮られるため、冬でも降雪が少なく晴天の日が多いという気候の特徴があります。日本海側の各都市と比べても仙台市は1年中紫外線に多く晒されていることから、住宅の外壁塗装もその影響を受けて劣化しやすいものです。住宅の外壁を雨風から守るべき塗装面に劣化が進むと塗料に剥がれや割れが生じるようになり、外壁への保護能力が大きく低下してしまいます。そのため一定年数ごとに外壁塗装を実施して耐久力を回復させる作業が求められますが、塗装作業を自分で実施する場合は安全性を確保した上で作業を進めることが大切です。高所での作業が欠かせない外壁塗装を行う際には、必ず専門業者に依頼して足場を組み立ててもらい、塗料などが周囲に飛び散らないよう養生シートで覆う必要があります。外壁塗装を実施する前には塗料の定着を良くする目的で下地処理を行うのが普通ですが、この工程が十分でないと塗料が剥がれやすくなりますので注意が必要です。まずは高圧洗浄機などを使って外壁に付着していた汚れを落とし、壁に生じたひび割れなどの箇所もシーリング等を使って補修していきます。剥がれかかっている古い塗料があればこれも除去し、鉄部のサビなどはサンドペーパーなどを使って落としておくと万全です。外壁塗装で最も重要な下地処理が済んだら塗装作業に進みますが、これにはローラー方式とスプレーガン等による吹付け方式の2種類があります。実際の塗装では接着剤の役割を果たす塗料を使って下塗りを行い、その上に中塗りと上塗りを重ねて合計3回塗装を行うことで塗膜の耐久性が高くなります。以上のように仙台市に住む人が外壁塗装を自分で行う場合は、塗料や作業に関する専門知識と技術が必要です。高所での危険な作業は徹底した安全対策も求められるため、仙台市の住宅では専門の塗装業者に依頼する例が多くなっています。

塗り替えでリニューアル

作業員

仙台の外壁塗装では、数種類の選択肢の中から予算や耐用年数などを考慮して、最適な塗料を選ぶことが出来ます。塗料の質が上がると、塗装費用の価格にも反映されてきます。優先したい事項によって、最適な塗料がそれぞれあります。

もっと読む

住まいの寿命を延ばす方法

塗装作業

経験豊富な職人が数多く活躍している業者を選ぶのが、仙台市内でマイホームの外壁塗装工事を行う場合の基本です。すべての作業を自社で一貫して行う業者や、下塗りや洗浄を丁寧に行う塗装会社を選ぶのが、美しい仕上がりを実現するためのポイントです。

もっと読む

専門的な技術が必要

積み木

仙台では大切な家を守るために外壁塗装は必要な存在で、リフォームにはDIYと業者に依頼する方法があります。業者に依頼するメリットは、プロの仕上がりを望める点です。他には作業時間の短縮や高所作業による安全性の確保などがあります。

もっと読む